東近畿高等学院

学校案内 > 「東近畿高等学院」ってどんな学校?その疑問にお答えします。

東近畿高等学院の紹介

学校案内

サポート校とは

通信制高校の卒業資格取得に向けて,学習面や生活面で支援,応援していく学校のことです。
従来の通信制高校であれば,レポート作成から試験対策までの全てを
「自分」を管理して学習しなければなりませんでした。
しかし,通信制高校と家庭の間にサポート校ができたことで、
みなさんの学習を全面的に支援することができるようになったのです。
東近畿高等学院は通信制高校「未来高等学校」のサポート校です。
3年で高校卒業資格を取得できるようにサポートしていきます。


教育方針

・日々の学習指導や、受験指導を通して、単に学力を伸ばすだけでなく、生徒たちにとって将来の目標となる「学習力」「学びの歴史」を作っていきます。

・生徒とのコミュニケーションを大切にし、保護者の方と連携しながら、生徒一人ひとりの進路実現を目指します。

・学習を生徒の生活環境の中に定着させ、大学・短大等へ進学できる学力を養います。

・「個性で見ればどの子も一番!」誰もが他人より優れた能力や感性を持っています。各自が持つ個性や感性に光をあて、各自の長所を伸ばすことに努力します。

集中するときはしっかり集中する。
考えるときは考える。
その習慣をしっかりと身に着けていくことも行っています。


東近畿高等学院の特色

四年制大学・短期大学などへの進学に最適な環境

受験勉強は一人で行うことは困難です。受験指導を専門にする先生の指導は欠かせません。
受験指導について、知り尽くしている進学塾と提携し全面的にサポートします。
毎年,四年制大学・短期大学への合格者を輩出しています。


自分の学びのスタイルが選択できる

あなたの希望により、学習方法が選択できます。自分に合ったコースを選択してください。
週あたりの通学日数は、
 週4日特進コース
 週2日進学コース
 月2日通信制基本コース
が準備されています。


少人数制クラスの編成・個性重視の指導

1クラス定員10名の少人数での指導です。生徒一人ひとりの個性に合わせて親身に指導します。


ご家庭とのコミュニケーション重視

定期的に保護者面談や3者懇談を行い、生活・学習・進路指導を行います。
年に1回の家庭訪問も行います。

東近畿高等学院では様々なイベント・行事を用意しています。
ともに学び合える環境が用意されています。

学びのスタイル

週4回 特進コース

大学進学を目指す人のためのコース
基礎学力と応用力の養成により大学進学を目指したコースです。
英・数・国を中心に基礎学力を定着させ、早い段階から演習を行うことで
応用力、問題解決能力を身につけます。大学を志望する人に最適です。

卒業生の声
高3の5月から学校にいけなくなり,このままでは留年になると言われ,転校を考えました。
秋に転入し,大学受験を目指しましたが,生来の身体的ハンディキャップに押しつぶされました。 しかし,先生方の励ましのおかげで「自分にできること,自分にしかできないこと」を考え,医療系の専門学校に進学しました。 短い時間ではありましたが,親身に相談に乗ってくれた先生方には感謝しています。


週2回 進学コース

自分のやりたいことと高校卒業資格取得を目指したコース
自分の時間を確保しながら、高校卒業資格取得を目指したコースです。
登校日は週2日で学校のない日は自宅学習に励みます。
また、自由な時間を利用してアルバイトや趣味の時間を充実させることができます。
勉強だけでなく、いろいろなことにチャレンジしたいと考えている人に最適です。

週2回コース  高2 女子生徒
この学校の特徴は面倒見が良いことだと思います。
私も入学する前は,学校にうまく馴染めるか不安でした。でも,入学してみたら,とても親しみやすい学校でした。 少人数ということもあって,一人ひとりに親身になって指導してもらえるので,どても勉強しやすいです。


月2回 通信制基本コース

通学が困難な人のためのコース
学習は自宅で行い、月2日の通学で弱点を克服します。
スクーリングと単位認定試験を受け、高卒資格取得を目指します。
 ・自宅が遠方で毎日の通学が難しい人
 ・勉強とスポーツや芸能活動を両立させたい人
 ・海外留学や語学留学を希望している人
 ・働きながら通学したい人
などに最適です。

月2回コース  高1 女子生徒
幼いころから虚弱体質で体調の好不調があり,
体力的に週4日とか週2日登校することは難しく感じていました。
でもこの学校は月に2回んも登校でも良いということで安心しました。
先生が家庭訪問もしてくださり,その時に質問にも答えてもらえるので学習もはかどります。
自宅で学習するには強い意志がいりますが,先生方の励ましもあり何とか続けられそうです。
卒業を目標に頑張っていきたいと思っています。

入学案内

ページのトップへ戻る