東近畿高等学院

Q&A > 東近畿高等学院にまつわる,よくある質問です。

Q&A(よくある質問集)

1.不登校でも入学できますか。

はい。入学できます。なんらかの理由で学校に行けなくなっただけで、 環境を変えることで学校に通えるようになります。無理をせず週2日の登校からスタートしてください。

2.現在高校に通っていますが、途中から転校できますか。

はい、できます。転入学は随時可能ですが、11月末日までに手続きをする必要があります。詳しくはお問い合わせください。

3.学校を休みがちだったので、学力に自信が……。ついていけるでしょうか。

大丈夫です。一人ひとりのペースに合わせて個別指導していますので、心配ありません。

4.大学受験は大丈夫ですか。

東近畿高等学院では高卒資格を取得するだけではなく、大学受験に対応できる実力を養成し、受験指導を知り尽くしている学習塾と連携し、全面的にサポートします。

5.1クラスの人数は何人くらいですか。

東近畿高等学院では、週4日、週2日コースで1クラス定員10名の担任制です。少人数クラス編成できめ細かい指導ができるようにしています。

6.制服はありますか。

一応、決められた制服はあります。希望者のみ制服を着用しています。基本は自由です。女子生徒の中には通学用にマイ制服を作っている生徒もいます。

7.通信制に留年はありますか。

留年はありません。単位制は一つひとつの科目についての学習成果を評価するものです。その年に履修した科目が取得できない場合は翌年に履修することができます。 2年次に進級できず、留年になるということはありません。取得単位数まで積み重ねて卒業することになります。

8.なぜ3年で卒業できるのですか。

東近畿高等学院に通学をして単位取得のための学習指導や、レポート作成指導を受けることにより、継続性が高まり卒業率が全日制高校と変わらなくなったからです。

9.高校の卒業証書は全日制の学校と同じですか。

同じです。通信制高校は高校卒業の教育課程のひとつである「通信制課程」が置かれた高校です。 したがって卒業証書は、未来高等学校普通科卒業となります。通信制という言葉は卒業証書の中にはありません。

10.スクーリング(面接授業)はどこで受けるのですか。

スクーリングは滋賀県内にある大津市市民活動センターや大学の公共施設で行います。未来高等学校のある松山本校に通学する必要はありません。

質問リスト

ページのトップへ戻る