東近畿高等学院

入学案内 > 東近畿高等学院に入学するためにはどのような手続きが必要なのかを説明します。

入学案内

対象となる人

中学卒業予定・中学既卒、高校転校や高校中退の方などすべての方が対象です。
始めたいと思ったときから始められます。




入学から卒業までのイメージ

東近畿高等学院は、通信制・単位制高等学校「未来高等学校」のサポート校です。
未来高等学校への入学と同時に、東近畿高等学院に入学します。
「単位取得」サポートに加えて、目標の「進学」に向けた学力アップを支援します。




入学までの流れ

出願

書類提出
 ①入学願書(未来高等学校と東近畿高等学院の2通必要)
   ※願書は東近畿高等学院まで取りに来てください。
 ②調査書(新入生・編入生・転入生により異なります。)
 ③作文(400字以内 テーマは将来の夢)
   ※作文は自宅で書いて提出してください。


選考

書類選考・基礎学力試験(英語・数学・国語 各30分)・面接(保護者同伴)
合否通知は選考後1週間以内に郵送で行います。


入学

入学式は東近畿高等学院で行います。
東近畿高等学院は、通信制・単位制高等学校「未来高等学校」のサポート校です。
未来高等学校への入学と同時に、東近畿高等学院に入学します。
「単位取得」サポートに加えて、目標の「進学」に向けた学力アップを支援します。


学校生活

高等学校卒業資格取得のためには、各教科での規定のレポートを提出し、
添削指導を受けることが必要です。
東近畿高等学院ではレポートの作成指導も行いますので安心です。
スクーリング(面接指導)は大津市の公共施設にて実施します。
日程・回数ともスケジュールは余裕を持って組まれていますので、
年度途中での転入生にも対応しています。
規定のレポート提出とスクーリング参加をクリアすると、
単位認定試験(年2回)を受けることができます。
高等学校卒業資格取得の為の大切な試験ですので、
東近畿高等学院では単位認定試験へ向けた対策授業を行います。

右の写真は校外学習で奈良に行った時の写真です。
校外学習は「楽しむ」ことも大切ですが,しっかりと「学ぶ」ことも大切。
みんな歴史の説明に聞き入っています。

学費について

※学費は通学日数により異なります。
※転入生の学費は転入月で月割り計算されます。

週4日通学週2日通学月2日通学納入月
入学金10,800円入学時
諸費用32,400円4月
授業料(年間)367,200円216,000円54,000円4月
その他※未来高等学校の学費(単位認定に関する学費が別途必要です。)

◎諸費用の内訳:在学中に生徒全員が共通してかかる費用が含まれております。
 ・設備充実費・学生損害保険・体育館等施設使用料・光熱費・通信費

◎諸費用以外の費用:個々の生徒および学年により異なるものは発生時にご負担ください。
 ・制服代(希望者のみ)
 ・教科書代(年間6,000円~8,000円程度)
 ・行事費(入場料など 年間4,000円~5,000円程度)
 ・検定受検料(英検・漢検など 年間2,000円~4,000円程度)
 ・各種証明書の発行手数料(例:在学証明 1通300円)

◎学費の納入方法は一括納入を基本としています。
 ※分割納入をご希望される場合にはご相談ください。

◎未来高等学校の費用:単位認定に関する費用で6,000円(1単位)×必要単位数となります。
 ・単位認定に関する費用とは,
  1単位についてのレポート作成・添削料・スクーリングの授業料・単位認定試験の合計額です。
  ▲1年間の取得単位数は約25単位前後となります。

平成26年度の高等学校就学支援金制度より,所得制限が適用されることになりました。
未来高等学校での履修単位や前籍校での在籍状況によっては,
高等学校就学支援金制度の対象外となり,
授業料を実費負担していただく場合もあります。

入学案内

ページのトップへ戻る